Boa BASE

Boa BASE shishaスタッフ紹介① ケンタロウ・マサカネ・ヒロアキ・カド

Boa BASEのスタッフ

Boa BASEに来て頂いたことのある方、そうでないけど興味を持って頂いている方へ。

今日はスタッフ紹介でもしようかな、なんて思って書きました。

思ったより長くなったので前後編にしてみました!

ケンタロウ

スタッフ(ケンタロウ)

目を開けて寝るキレ者。アホそうに見えるが、いつも思考が一歩先を行く。

彼はBoa BASEのイケメン担当と巷では有名。寝ても覚めてもイケメン。首元からネックレスを下げHipHopを好む。怖いと言われがちである。

しかし、彼の本質は顔、外見、そんな表面的な部分ではない。彼は人一倍周囲のことを考え、懐が深く、どんな時もポジティブだ。そのギャップにこそ彼の魅力が詰まっている。彼の周りで常に笑いが絶えないことこそが彼の人間性を証明するのだろう。

自律神経さえ整えば欠点はなくなる。しかし、恐らくこればかりは不可能だ。

もちろん彼は無類のシーシャ好き。お気に入りのフレーバーはダークリーフ系。ニコチンが通常の約10倍含有されている吸いごたえのあるフレーバーで現実逃避を繰り返す。

マサカネ

スタッフ(マサカネ)

シーシャに出会い人生が前進したシーシャジャンキー。クールそうに見えるが、独特のツボを持った生粋のゲラ。

彼のことをよく知らない人はきっとすごく優秀で真面目でしっかりしている、という印象を持つだろう。間違っているわけではない。確かに彼はダルそうに何でもこなす。頭が良い。

だが、彼はそれだけで留まる人間ではない。自分に正直で他人の目を気にせず、やりたいことはやるスタンス。正直すぎる故にパンチラインを数々生み出している自覚はきっと無い。バイクに跨り神戸の美味しいコーヒーを探し求める彼は、今日も訳の分からないボケに1人大笑いしている。

彼は所謂シーシャジャンキー。愛するフレーバーはパンラズナ。独特の香りに魅了されている彼もまた、パンラズナ教の信者だ。

ヒロアキ

スタッフ(ヒロアキ)

出勤日に遭遇すると幸運をもたらすと囁かれている神出鬼没なレアポケモン。シーシャ愛Lv.99。と、言いつつ、最近は結構店に立っているみたいだ。

彼は独特の感性を持つ。真面目に見える彼の倫理観は時々ねじ曲がっている。

だが意外にも彼の良さはそこにある。”人間らしさ”に溢れる彼は自分の世界を貫き、自分を確立している。簡単そうで難しい、頑固すぎず流されすぎない絶妙なバランスをいとも簡単に体現する。

時に素直に人の意見に耳を傾け、時に全てを捨ててグルメに走る。優しさが溢れるあまり自分にも優しく、最近身体がぽよよんとしてきたのはここだけの話。

彼もまた、マイマウスピースを持つシーシャマンだ。最近のブームはドゥルセデ・レチェ。キャラメルのフレーバーに何を混ぜるかはグルメ通の彼次第だ。

カド

スタッフ(カド)

彼女から放出されるエネルギーで光合成ができるほどの太陽系女子。センスとバイブスが大気圏を抜ける。

言わずと知れたBoa BASEの紅一点。

オシャレでセンスが爆発する彼女は実は熱くカッコいい女性。

Boa BASE愛に溢れる最強ガールは持ち前の元気で場を明るくする。

年中無休で元気なカドが店に立つとBoa BASEの温度は5℃上がる。炭が早く焚けるのはきっとカドのおかげ。

そんな彼女は実は繊細で雰囲気を察知する天才。

周囲のことをよく考え大切にしてくれる。そして空間を明るく、優しく染める。

たまに考えすぎて責任感に苛まれる日もあるが、それは間違いなく考えすぎの日。

彼女は良い香りのするシーシャを好む。アールグレイが最近のお気に入りだとか。

彼女の頭の中にはアールグレイがパンパンに詰まっている、らしい。

後編へ

読んで頂き有り難うございます。

後編もありますので、是非ご覧ください。