Shisha

シーシャを吸うと体調不良になるのはなぜ?対処法も紹介します。

体調が悪い人

シーシャを吸ってると、頭痛がしたり、耳鳴りがしたりと体調不良になることを経験することが1度はあると思います。これは何故なのでしょうか?今回は、シーシャを吸って体調不良になるいくつかの原因と、どうすれば治るのか、何を心がければいいのかを紹介していきます!

シーシャで体調不良になる原因

換気の不足

シーシャを吸うには炭を焚く必要があります。炭を焚く際には、一酸化炭素が多く放出されます。

なので、家でシーシャをする場合も、お店でする場合も同じく十分に換気をする必要があります。換気をしなければ室内に一酸化炭素が充満し、体調不良につながる恐れがあります。シーシャ屋さんがちゃんと換気を行っているのはこのためです。

特に家シーシャをする場合は、しっかりと換気することを忘れないようにしましょう。

 

ニコチン・一酸化炭素

シーシャの煙には、水蒸気のほかにニコチンや一酸化炭素が含まれています。これらはその性質から体調不良を引き起こす原因になると考えられています。

一酸化炭素は、血中に存在する酸素を運搬する働きのあるヘモグロビンと結合する力が酸素より強いため、酸素が体にうまく行き渡らなくなるという性質があります。

ニコチンには、血管を収縮する働きがあります。これが頭痛を催す原因になります。

 

炭の全体が着火されていない

炭は、全体が加熱されていない状態では一酸化炭素を多く放出します。

一酸化炭素が体に与える悪影響は先ほど述べた通りです。炭はしっかりと全体が赤くなるまで熱しましょう。

また、質の悪い炭(熱すると嫌な匂いがする等)を使用すると、気分が悪くなることがあるので気をつけてください。

 

対処法

3つの体調不良の原因を紹介しましたが、どうしたら体調不良を防ぐことができるのでしょうか?

事前にすべきこととしては、空腹であれば何かをお腹に入れておく、ノンニコチンのフレーバーを試してみるなどが挙げられます。空腹時は、お酒やタバコと同じく気分が悪くなってしまいがちです。また、普段タバコやシーシャを吸わない方は少量のニコチンで体調不良を引き起こしてしまうことがあるので、ノンニコチンのフレーバーもおすすめです。

また、シーシャを吸う際には、きちんと水分を補給しながら楽しむことをお勧めします。